園長の挨拶

 


 新年、明けましておめでとうございます。
 年末年始は子どもたちを囲んで家族が集い、楽しいひとときをお過ごしになられたことと思います。お正月を迎え、お雑煮やおせちを味わうなど、ご家庭ならではの祝い方をされたことでしょう。
 やしろ保育園でも本日、子どもたちが『明けましておめでとうございます』と、元気に新年の挨拶をして、新しい年の始まりを気持ち良くスタートすることが出来ましたこと、何より喜ばしいことと思っております。
 さて、今年度も早いもので残すところあと3ヶ月となりました。園内では12月からお楽しみ発表会の取り組みが進み、一人ひとりのお友だちが、クラスのお友だちとそれぞれのお遊戯や劇遊びを楽しく取り組んでいます。
 この時期は各クラスとも令和元年度の総まとめの大切な時期です。子どもたちが経験したことを活かし、主体性や社会性を身につけていけるよう保育を行っていきます。また、子どもたちの思いをしっかり受け止め、充実した時間を過ごしていければと考えています。新しい年を、子どもたちに負けずに成長していけるよう、私たち職員もより一層がんばりたいと思います。
 寒さもこれからが本番です。健康で安全な生活が送れるように、うがい手洗い、換気をしっかりと行いながら子どもたちと元気に過ごしていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。